• 雨漏りは未然に防ごう

    住宅で雨漏りをしてしまうと、住宅そのものにそれなりのダメージとなります。

    また、雨漏りはできるだけ早く修理しないと、その被害は大きくなる傾向もあり、また、きちんとした修理をしないと、再度、雨漏りの被害を受けることになることもあります。



    このように、雨漏りをしてしまうと、いろいろと修理などで費用がかさむこともあるため、雨漏りをする前から、きちんと屋根や外壁などを点検し、被害がでないように劣化、亀裂、などを見つけた場合には、きちんと修理しておきましょう。


    自分である程度チェックすることもできますが、素人ではチェックにも限界があり、また、劣化、亀裂などを見過ごしてしまってはいけません。業者に頼むと料金がかかってしまいますが、確実に劣化、亀裂などをみつけ、きちんとした対処をしてもらうことで、雨水が自宅内に侵入することを防ぐことにもなるでしょう。
    天井、壁などが雨水でぬれてしまい、腐食やカビなどの被害を受けることを考えると、それを前もって防ぎ、ある程度の点検費用、そして修理費用だけで防ぐことができれば、そのほうが費用は安く済むこともあります。



    ある程度の年数、同じ住宅で暮しているならば、建物の劣化は避けることはできません。チェックもせずに放置していると、いずれ、雨水が住宅内にまで入ってきてしまう可能性も高くなります。



    何も対策をせずにいるよりも、被害が出る前に点検や修理などを業者に頼み、被害を最小限に食い止めることが大切です。