• 雨漏りの修理に火災保険が利用できる可能性について

    最近の日本では強烈な台風や集中豪雨など、短時間に大雨が降る機会が増えてきました。
    そんな悪天候の後に、家の屋根や壁から雨漏りしているのを見つけてショックを受けたという人も多いのではないでしょうか。
    大したことはないと放置している人もいるかもしれませんが、時間が経てばたつほど、柱などの構造部分や電気系統に甚大な影響を及ぼす恐れがあるので、見つけたらすぐに修理する必要があります。
    しかし、屋根全体に修理が必要な場合は、100万円以上という高額な費用がかかる為、ためらってしまう人も多いでしょう。

    そんな時には火災保険が使える可能性について検討してみましょう。


    火災保険は雨漏りという結果自体を補償してくれるわけではありませんが、原因が台風や強風によって屋根や外壁に異常が発生し、その結果雨漏りとなった場合は、保険の適用範囲となります。



    強風により飛来してきたものが屋根の一部や雨樋、外壁を破損した場合も適用されます。しかし、外壁や屋根に異常がないのに雨漏りした場合や、原因が経年劣化の場合は、適用外になる可能性が高いようです。



    しかし、老朽化が進んでいたところに、自然災害が重なった場合は十分に適用される可能性もあります。

    素人には判断ができないので、原因が自然災害によるものだという可能性が少しでもある場合は、まずは専門の業者に依頼して原因を特定してもらいましょう。
    保険が適用されれば、高額な修理費用を実質無料にすることができるかもしれません。